歯医者さんで働く人々

歯科助手

美しい女性が多い歯科助手は男性も憧れますね。

歯医者さんで働いている姿を良くみる歯科助手は、歯科医師にも負けない存在感 があるのでその医院の雰囲気を決めかねない影響力を持ちます。 特に男性患者はどこの歯医者さんに行こうか迷ったときに、美人の歯科助手さんが いると評判の歯科医院に決めることも多いそうです。 本来なら歯科医師の腕前や人柄で決めるべき病院選びなのですが、歯科助手の姿 が患者さんの数を決める要因にもなっているのです。 歯科助手の仕事内容はあくまで助手としてサポートすることがメインになるので、 直接患者さんを治療することはほとんどありません。 受付業務や歯科医師のもとまで患者さんを案内したり、電話対応や事務仕事や会計 など、治療以外の業務を任されます。 院内の清掃や洗濯、カルテの整理など、歯科医師とは全く違った業務をする時間 が多いのですが、時には治療をお手伝いすることもあります。 ですが歯科医師のように資格を持っていないと患者さんの口内に手を入れたりは 出来ませんので、横からバキュームを使ったり歯科医師が欲しがるアイテムを 手渡したり、サポート的なことがほとんどです。 そもそも歯科助手になるためにはなんの資格も必要無いので、任せられる仕事は 雑務に近いものが多くなるのも仕方がないのです。 無資格のただの歯科助手さんに虫歯の治療をさせたり抜歯させるのは、法に触れる 行為なのでやってはいけないのです。 なので専門家と思われることもある歯科助手は意外と簡単になれてしまうのです。 資格もない未経験者でも求人で募集されていますし、容姿に自信がある若い女性 なら簡単に就職することができるでしょう。 歯科助手を名乗ったり活躍するのに必要な資格はひとつもありませんが一応 民間資格は数種類ありますので、もし取得できるのなら手に入れておけば就職で 有利になることは確実ですし、面接で胸を張れるので嬉しいです。 講習を受けることで実際の業務で役に立つ知識を吸収できますし、無資格でも採用 してもらえるとしても持っておいた方がいいでしょう。 一番素早く歯科助手になる方法は、高校卒業と同時に就職するようなタイミングを 狙うことでしょうか。 特別な資格も経験も求められないのですが、高校卒業程度の学歴は必要になると 考えられるからで、探せば恐らく中学卒業の最終学歴でも採用してくれる歯科医院 もあるとは思いますが、その年齢で働かせてくれる病院はかなりレアかと思います。 なので高校3年生の夏から就職活動で歯医者さんに標準をあわせ、卒業後に就職 というのが最速かと思われます。 実際には高校を卒業後に専門学校や大学へ進学してからという方が多いでしょうが、 そのほうが多くの知識を得られるし就職活動でも有利になるからです。 医療関係の専門学校や短大を卒業していればもうそれだけで採用してもらえる かもしれませんし、よほど面接でヘマをしでかさない限りは保健学科を修めた実績 だけで即採用となるかもしれません。 もっと手堅くいくのなら大学や短大、専門学校を卒業してから民間資格を取得し、 それから就職という方法もあります。 いくら国家資格はいらない、未経験者も募集しているといっても、経験者や民間資格 を所持している人の方が有利に就職活動ができるに決まっています。 歯科医師としては採用するなら即戦力が理想で、教育が必要な未経験者は理想の 応募者がいなかった場合にやむなく採用される立場なのです。 新人を1から育てるのが楽しくて仕方が無い、という病院なら未経験者を優遇する かもしれませんが、最近では経営の苦しい歯科医院も多いようですし即戦力の求人 が大半なのではないでしょうか。 なので日本歯科医師会が認定している学校を卒業したり民間資格を持っていた方が、採用通知を 待つ間安心していられるかもしれません。